ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
1950年4月15日午前0時17分
気マガジン1990年3月号写真(540)

1950年4月14日午後8時47分(日本時間:15日午前0時17分)、マハルシが粗雑な身体を離れました。

「私」を取り巻く大いなる流れの変化が始まったのは、2月15日。
それに気付かず、表面化したのが、2月21日。。。
世間は、コロナで大騒ぎしていましたが、私は、個人的なことでフラフラに。。。

真我は、ただ見てるだけだと思っていましたが、そうではありませんでした。
少しずつ気付きを与えていただき、それに、「私」がどう対応するのかを見て、さらに気付きを。
源に没入する時間が、徐々に長くなり、どちらにいるのか、その境界があいまいになるまで没入し続けました。

が、、、まったく改善されない状態が続いたため、もう少し深く没入したところ、気付きました。
「私」の根底に横たわっていた、「社会的なプライド」に。
これを捨て去ると決断したところ、3月19日、突然、元の環境に戻ることができました。
が、、、このとき、本当に捨て去ったのかを確認させられ、またひと悶着。。。
3月27日、とりあえず終息。。。

定年まであとわずか数年。
まさか、こんなにもたいへんなことになるとは夢にも思いませんでした。。。
(-_-;)

本当に心身をすり減らしました。。。
真我から一定の距離を保つなど、土台無理なお話しだったようで。。。
(;^□^)あはは…

一段落する暇もなく、次から次へといろいろなことが起きていまして、今年は、本当にたいへんな年になりそうです。。。
(≧▽≦)

200410_明建神社

関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/310-4d28233f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 130
日記 60
記録 4
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2020.05.27 マハルシの文献
2019.07.13 真我の探求方法
2019.05.25 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター