ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
シュリーチャクラ

181224_手描きのシュリー・チャクラ(144)


アルナーチャラ便り 2018年12月8号に、ハートを熱くする、とてもすてきな絵が掲載されていました。
1920年頃に、マハルシが、女性帰依者ヴェヌアンマルのために描かれたものだそうです。
 *この絵をアップすることは、ダムール貴子さまの了承を得ています!

この絵を眺めていたところ、ハートの中に入り込み、ハートの中のハートが輝き始めました。
しばらくすると、ハートの中のハートに吸い込まれ、心が とまりました。

とても良い感じです!

いつもこの絵が、ハートの中で輝き続けますよーに!
(*^_^*)


<TALK 405より抜粋>
シュリー・チャクラに関して尋ねた人に、マハルシは以下のように応えています。
「シュリー・チャクラには深い意味があります。聖なる音節が記された43の角があります。これを礼拝することは、精神集中の手段となります。外へとさまよい出す心の傾向は、抑えて内側に向けねばなりません。すべて名前と形を持つ外的な対象へのこだわりは、心の習性です。名前と形を象徴的な精神的概念としたのは、心を外的対象から逸らして、心自体の内に留まらせるためです。偶像、マントラ、ヤントラは、どれも内に向けられた心への糧なのです。こうしてやがて、精神集中がなされるようになり、後には自動的に至高の境地に至るのです」


Talk405


関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/304-d96e37a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 129
日記 55
記録 4
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2019.07.13 真我の探求方法
2019.05.25 マハルシの年表
2019.01.09 マハルシの文献
2016.03.13 Talksなどのまとめ



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター