ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
Advent Day
アルナーチャラから見た景色

photo:shioさん

昨日(9月1日)、ラマナ・マハルシがアルナーチャラに着いた記念日「Advent Day」です。

柳田先生が、粗雑な身体を離れられたのが、2004日8月16日。
僕を取り巻く大きな流れが源に向かい始めたのが、2006年9月1日。
この二つは、僕にとって、とても大事な記念日です!
(*^_^*)

一昨年、この大事な記念日を忘れていて、昨年も。。。
今年は、「アルナーチャラ便り 5月号」が届いたおかげで、一日遅れ。。。
何というのか、この記念日、ここ数年、本当にとても忙しくなる日のようで。。。
(;^_^A

数ヶ月前から、仕事がとても忙しくなり、休みの日も家で仕事。。。
で、娘のコンクール用リードが作れず、イライラがマックスに。。。
結局、予選・本選ともリードが間に合わず、娘に迷惑をかけてしまいました。。。
(T_T)

が、娘は、鳴らないリードを巧みに操り、とても素晴らしい演奏をしてくれました。
結果は、あと一歩でしたが、娘の成長を目の当たりにし、とても意味のあるコンクールだったなぁ と。
~~旦_(ー。-)

ただ、ムリをし過ぎて僕の体調がかなり悪化。。。
左目の充血がひどく、表面がでこぼこしてきたため、眼科に行ったところ、「見たことのない症状」と言われ、さらに検査をしたところ、「緑内障になりかかっている」と。。。
数年前、左目に光が走るようになり、影も。。。
網膜剥離しかかっていると言われ、飛蚊症が悪化。
網膜剥離は、奇跡的に収まりましたが、飛蚊症は相変わらずです。
すぐにつまずいて転びそうになったり、、、ホント、この粗雑な身体の劣化ぶりには手を焼かされます。。。

人は何のために生まれてきて、何のために生き続けなければならないのか?
生まれてきたことに理由があるのか?
生き続けることに意味があるのか?

「私とは、何か?」

若いとき、本当にいろいろな疑問がわき上がり、悶々とする日々を過ごしてきました。

やらなければならないことを、一生懸命し続ける。
疑問や、迷いや、恐れなどなく、ただただ、し続ける。
この粗雑な身体をいつ離れることになっても、まったく悔いはないです。
が、娘のことだけが気がかりなので、この身体を少しいたわりつつ、あり続けたいと思います。
(*^_^*)


180825_五反田文化センター
関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/302-138235e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 129
日記 55
記録 4
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2019.07.13 真我の探求方法
2019.05.25 マハルシの年表
2019.01.09 マハルシの文献
2016.03.13 Talksなどのまとめ



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター