ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感の扉
shibaさんの「アルナーチャラの聖者」、情報量がものすごすぎて、しっかり読んでいなかったのですが、「メルセデス・デ・アコスタ」、いやぁ、よかったです!

とても長い文章だったのですが、僕が気に入ったのは、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼は言いました。「いつバガヴァーンがサマーディから出てくるのか決して分かりません。彼が出てくる時、きっと彼は喜んであなたを見るでしょう。その瞬間、彼のそばに座っているほうが、あなたのためになるでしょう。」

私はバガヴァーンの近くへ進み、彼の足もとに座り、彼に顔を向けました。ガイの言うとおりでした。この後間もなく、バガヴァーンは眼を開きました。彼は頭を動かし、私を直接見下ろし、彼の眼は私の眼の中を覗きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここだけです。
(;^_^A

「彼の眼は、私の眼の中をのぞきました」

ここを読んだとき、僕の目の前にマハルシが現れ、僕の眼の中をのぞかれたような感覚が。。。
で、突然、ハートが開き、涙が。。。

焦点という壁がなくなり、眼が開き、その奥だけになる。
眼の奥とハートの奥がつながっている?

あぁ、焦点が合っているとき、眼の扉が閉じていて、焦点がなくなると、眼の扉が開き、その奥にあり続けている「源」があらわになる。
ハートの中にある「源」と、眼の奥にある「源」は、同じで、ハートの扉が開くとあたたかい「何か」があふれ出し、眼の扉が開くと涙があふれ出す。

新しい発見でした。
眼とハートは、リンクしているようです。

おそらく、五感すべてがハートとリンクしているのでしょう。

閉ざされている五感の扉を開く方法を理解できたような気がします。
(*^_^*)

マハルシが、粗雑な身体を維持しているときに、僕が、彼女のような体験をしたらどうなっていたのか?
おそらく、彼女のような質問は、し続けなく、眼の中をのぞかれたとき、眼の扉を開いたまま、マハルシの眼の奥を感じようとするのではないかと。

「見るものを見る」

見るものを見続けたとき、見るだけになり、吸い込まれるように、そのままとけ込んでしまいそうです。
戻ってこれるのかな?
戻ってこれないかも。
まぁ、いいか。。。
(;^□^)あはは… 
関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/285-bb6841f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 128
日記 50
記録 5
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2018.01.22 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ
2014.12.22 マハルシの文献
2014.02.15 真我の探求方法



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。