ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
Talk 57(独り言)
<Talk 57(独り言)>

Talk 57

Talksには、このような会話が多数記されています。
インドのことをよく理解していないと、質問の趣旨がわからないまま読み進むことになります。
Talksは、記されたときの背景を正しく理解することが重要です。
ただ、背景を理解することが「主」になり、マハルシの教えを理解するのが「従」になっては意味がありません。
僕は、インドのことをよく理解していないので、ヴェーダなどの用語説明をしているところは、できるだけ訳さないようにしています。
(;^_^A
が、今回は、少し頑張って訳してみました(わかりにくい訳で、申し訳ないです)。。。

マハルシは、ここでもいつもと同じように、根本原因であるvasanaを弱らせるための方法を話されています。
mananaを「熟考」と訳しましたが、ここは、「『私』という思考の源を探り続け、感じ続ける(探求)」と読み替えると、いつも通りの説明になります。

僕が、Talk 57を訳した理由は、
「探求」をし続けることによって、vasanaが少しずつ弱ってくるのですが、
「『探求』した直後、vasanaが勢いを増す」
というところです。
「探求」がうまくいけばいくほど、vasanaが勢いを増して表出してきます。
以前は、なぜだろうと思っていましたが、そういうものであることがここに記されていて、やっぱり、、、ってカンジでした。。。。
「探求」後は、本当に気を付けないといけません!

ここを訳したいだけだったのですが、仕事などが忙しいこともあり、ものすごく時間がかかってしまいました。。。
(;^□^)あはは… 


★直訳を少し読みやすく?修正★

一部の人たちは、「知識」に異なる段階があると考えます。
真我は、承知の上で、または、知らないで、始まりも終わりもなく続く永遠の直接的な知識、すなわち、常に実現されている です。
彼らは、「導師から真実を聞くこと」は、直接的な経験から得た知識であって、本から得た間接的な知識でないべきと論じます。
しかし、知識は、結果的に「悲惨さの喪失」をもたらすのですが、「導師から真実を聞くこと」だけでは、それをもたらしません。
彼らは、たとえ直接的な経験から得た知識でも、それは、揺るぎないものではないと言います。vasanaから生じることが、その弱々しい存在(不変でない)の原因です。vasanaが取り除かれたとき、知識は、揺るぎなくなり、実を結びます。

他の人びとは、「導師から真実を聞くこと」は、間接的な知識にすぎないと言います。

「熟考」によって、それは、断続的に直接的な経験から得た知識になります。
その継続に対する障害物は、vasanaです。それらは、「熟考」後、活力を強化されて生じます。
vasanaは、抑制されなければなりません。
そのような用心は、「私は、身体ではない」ということを思い出し、「熟考」の過程を経て持たれた直接的な経験から得た知識に固執することにあります。
そのような実践は、「絶え間ない熟考」と呼ばれ、vasanaを根こそぎにします。
それから、「人の自然な状態」をわかり始めます。
それが、確かな、「知識」です。

「熟考」の過程を経て持たれた直接的な経験から得た知識は、「悲惨さの喪失」をもたらすことができず、vasanaが「知識」を定期的に打ち負かすため、精神的な自由、すなわち、束縛からの解放に達することができません。
「熟考」の過程を経て持たれた直接的な経験から得た知識は、弱々しいです。そして、vasanaが、「絶え間ない熟考(私という思考の源という一点を感じ続ける)」によって根こそぎになった後、堅固になります。
関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/268-b358f8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 128
日記 52
記録 5
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2018.01.22 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ
2014.12.22 マハルシの文献
2014.02.15 真我の探求方法



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター