ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つの身体とその合間
妻が体調を崩したため、気を送っていたところ、感じました。

「三つの身体とその合間」を

まず、三つの球体があります。
それぞれは、横一列に並んでいて、ほんの少し離れています。
粗雑な身体(目覚めの状態)は、厚い覆いで包まれていて、微細な身体(夢見の状態)は、それより薄め。
原因となる身体(夢のない深い眠りの状態)は、厚みのない境界線。
粗雑身が最も大きく、原因身が最も小さい。

原因身と微細身の合間は、よくわかりませんでしたが、微細身と粗雑身は、明確に感じられました。

気を送るとき、「源」に意識を集中します。
息を吸うと源から、温かい何かが吸い上げられ、
息を吐くと、それが、手を通って相手に伝たわる。

探求しているときは、
息を吸うと源から、温かい何かが吸い上げられ、
息を吐くと、それが、源に向かって流れていく。

そんな感じです。

三つの球体は、真我の中に浮かんでいて、それは、球体の中にも浸透しています。
外にいる者は、中に入ったり、出たりできますが、中にいる者は、源からしか外に出ることができません。
三つの身体、それぞれに源(出入口)があり、近接しています。
その距離は、接触しているかのごとく、近いです。
源を感じ続ける時間が長くなると、源から、合間が感じられるようになり、合間が少しずつ広がり、夢見から目覚めに遷移するときに、直接体験できるように。

合間が、合間でなくなったとき、すべてが感じられるような気がします。
(^_^)

<2013年7月12日追記>
変化がありましたぁ!
Talk 311(独り言)
関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント
ありがとう!
妻は、自業自得的なところがありまして、放置していたのですが、あまりにも症状が悪化したため、見かねて気を送りました。
(^_^;)

気を送ったり、探求しているとき、ときどき感じることがあります。
そのときは、瞬間的で、断片的で、あっ なにか感じた でして、はっきりではないんです。
後から、徐々に具体化されてきて、このブログを書いているときにはっきりしてくることがほとんどです。
何と言うのか、文字を打ち込もう(文章にしよう)とすると、それにつれてイメージが明確になってくるんです。
今回のは、目からうろこ!!! でして、外から中を見ると、こんな感じなんだろうなぁ って思ったら、なんだか、今の自分がちっちゃくカンジられて。。。
(;^_^A

「はさま」、最近、マイブームです。
夢見からのアプローチ「はざま」と、目覚めからのアプローチ「探求」。
両方から攻めれば、今生でなんとかぁ!!! 
って、ムリですけど。。。
(^^;)ツ アハハ
【2013/05/28 23:59】 URL | ookuwa #cJKlNMNY [ 編集]

お大事に
源のイメージをそんなにはっきり感じられるなんて、素晴らしいですね。
でも、奥さまはその時にかなり辛い状態だったのではないかと、想像してしまいました。入れ物が故障してパワーが落ちていると、オーラなどはっきり分かるという話を、見える人から聞いたこともあります。
多分、入れ物を壊さないようにパワーダウンさせるのが、呼吸法や菜食等々の修行の目的なのではないかと、私は思っています。デリケートなものです。

どうぞお大事に。

【2013/05/28 23:12】 URL | Who‐kuちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/231-da0a5b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 128
日記 50
記録 5
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2018.01.22 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ
2014.12.22 マハルシの文献
2014.02.15 真我の探求方法



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。