ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Talk 314 ラマナ・マハルシとの対話
<Talk 314 ラマナ・マハルシとの対話>
*2013年5月24日部分訳開始、5月25日部分訳終了

***<前略>***

【マハルシ】
真我は、夢のない眠りの状態での純粋な意識です。そして、それは、移行期にidam(「これ」)のないaham(「私」)として徐々に発展します。そして、目が覚めている状態で、aham(「私」)とidam(「これ」)として明らかにします。
個人の体験は、aham(「私」)だけを用いてです。
そこで、彼は、示された方法で(言い換えれば、移行期の「私」を用いて)、実現を目指さなければなりません。
そうでなければ、夢のない眠りの体験は、彼にとって重要ではありません。
もし、移行期の「私」が、実現されるならば、根底にある本質が見いだされ、しかも、目標へ導きます。
さらにまた、夢のない眠りは、ajnana(無知)であると言われています。
それは、目覚めている状態で広く行き渡った誤ったjnana(知識)に関係しているだけのことです。
目が覚めている状態は、本当はajnana(無知)で、夢のない眠りの状態は、prajnana(十分な知識)です。
Prajnanaは、Brahmanです、とsrutiに書いてあります。
 *GROSSARY:sruti:聖典
 *GROSSARY:Brahman:The Supreme Being:至高の存在、the Absolute:絶対的なもの
Brahmanは、初めも終わりもない永遠です。
夢のない眠りの体験者は、prajnaと呼ばれています。
 *GROSSARY:prajna:個人が夢のない眠りの中にあり続けている
彼は、三つの状態すべての中で、prajnanamです。
夢のない眠りの状態での、その特有の内に隠された重要な意味は、彼が、知識で満ちている(prajnanaghana)ということです。
 *GROSSARY:prajnana ghana:full consciousness:十分な意識
ghanaは、何でしょうか?
jnanavijnanaがあります。
 *GROSSARY:vijnana:特別な知識、精神的な知識
両方とも、すべての知覚の中で機能します。
jagratの中でのvijnanaは、viparita jnana(正反対の知識)、すなわち、ajnana(無知)です。
 *GROSSARY:jagrat:waking state:目が覚めている状態
それは、常に個人とともに共存します。
これが、vispashta jnana(明確な知識)になるとき、それが、Brahmanです。
夢のない眠りの中のように誤った知識がまったく不在のとき、彼は、純粋なprajnanaだけが残ります。
これが、prajnanaghanaです。

***<中略>***

これは、それらの精妙さに違いがありますが、認識する者、認識、認識されるものが三つの状態すべての中にあるという結論を私たちに生じさせます。
移行期の状態では、aham(「私」)が、suddha(純粋)です。なぜなら、idam(「これ」)が、抑えられているからです。
Aham(「私」)が、主です。
なぜ、その純粋な「私」が、今、実現されないのでしょうか?また、さらに、私たちによって思い出されないのでしょうか?
それについての知識(parichaya)の欠如のせいで。
 *知識:物事についての知識:acquaintance
もし、意識して、努力して、成し遂げられると、ただ一つを認識されます。
従って、努力して、意識して獲得しなさい。

Talk 314 (独り言)
Talksの直訳について
Talksなどのまとめ
関連記事

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ookuwablog.blog94.fc2.com/tb.php/229-1f1349cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Archive Calendar

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 128
日記 52
記録 5
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2018.01.22 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ
2014.12.22 マハルシの文献
2014.02.15 真我の探求方法



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。