ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
Advent Day
アルナーチャラから見た景色

photo:shioさん

9月1日、ラマナ・マハルシがアルナーチャラに着いた記念日「Advent Day」です。

柳田先生が、粗雑な身体を離れられたのが、2004日8月16日。
僕を取り巻く大きな流れが源に向かい始めたのが、2006年9月1日。

8月中旬から9月初旬にかけて、毎年、本当にいろいろな試練を課せられます。
「Advent Day」、ものすごく注意していたため、とりあえず、大過なく過ごすことができました。
が、、、仕事は、相変わらずの激務。
先日は、午前9時に家を出て、午前1時30分に帰宅。。。
激高することは、かなり少なくなってきましたが、やはり、疲れがたまってくるとどーしても。。。
(;^_^A

少し前に、知り合いと、「性同一性障害」のことについていろいろと話すことになりました。
この手の話しは、あまりしないようにしているのですが、ちょっと困っているようでしたので、やんわりと、心と体について話してみました。
が、なかなか伝わらず、仕方がないので、「死んだら、心はどうなると思う?」とか、「心って、どこにあると思う?」とか、いろいろ投げかけてみたところ、最初かなり混乱されていましたが、少しずつ理解しているように見えたため、とどめに「この体が、男か女かであって、心は、男でも女でもないんだよ」って。

頭では理解していただけたようなのですが、本当に理解できるのは、もう少し時間がかかりそうな感じでした。。。
難しい話しではないのですが、通常、こんなこともなかなか伝わらないと思いますので、「マハルシの教え」が正しく伝わらないのはムリもないことなのでしょうねぇ。。。
(-_-;)

源が、「私」に侵入してくるのを防いでいる「壁」は、手放せない「欲」などでできているのではないかと。
「欲」には、いろいろなものがありますが、僕にとってやっかいなのは、「性」です。
これをある程度、手放してしまえばいいのですが、うーん、、、やっぱり困るかなぁ。。。
(-_-;)
「食欲」もそうですが、体を維持するための「欲」を手放すと、体を維持することができなくなります。。。
この手の「欲」は、やはり「少欲知足」ですね!
(^_^)

「欲」が強ければ強いほど、「壁」は厚く、高く、強固になり、「私」と「源」が分離し、心と体を同一視し始め、いろいろな問題が発生する。
「欲」を手放し続けると、「源」が「私」を溶かしに来られて、自由意志がなくなってしまう。。。
今は、仕事が忙し過ぎて、ぼーっとする時間がありませんが、ちょっとした合間に、ぼーっとできる時間がありまして、そのとき、ふいに「源」に襲われる感覚がよみがえるんです。
うーーん、、、すべてを委ね切ってもいいのかなぁ、、、と思ったりして。。。
(;^_^A

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体



Archive Calendar

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 130
日記 60
記録 4
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2020.05.27 マハルシの文献
2019.07.13 真我の探求方法
2019.05.25 マハルシの年表
2016.03.13 Talksなどのまとめ



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター