ラマナ・マハルシの教え
日本ラマナ協会前会長故柳田侃先生から教えていただいた「ラマナ・マハルシの教え」の理解をより深めるため、実践して感じたことや「TALKS WITH SRI RAMANA MAHARSHI ラマナ・マハルシとの対話」の直訳、感想などを記します!(日本ラマナ協会は一切関係ありません)
真我の探求方法
マハルシ(モノ3つ合成)


心の源に没入するためには、念仏のように「私は誰か?」と唱え続けたり、対象物に集中し瞑想したり、火を見続けたり、沈黙し続けたり、考えることをやめたり、心をとめたり、あるがままであり続けたり、善行を繰り返したり、呼吸を統制したり、「無」であり続けるなど、いろいろな方法があります。

が、マハルシは、もっとも良い方法は、「『私』が生じる源を探り求めること」だと言われています。

マハルシの「真我の探求」方法は、
「心を強くし、心が静まったら、『私』の源を探る。源を探り求めたら、源を感じ続ける。日常生活の中で常に続け、源にすべてを明け渡し、真我が『私』をとけ込ませてくれるまで感じ続ける」
と理解しました。
 *真我探求は、心による、あるいは知的な「探究」ではなく、
   献身的な「探求(探り求める)」である

柳田先生に教えていただいた「真我の探求」方法に、これまでいろいろな方に導かれて気付いたことなどをアレンジし、さらに私の体験談をプラスした「真我の探求」方法を記します。
 *2008年9月17日記入、2019年7月13日読みやすいよう修正

睡眠を十分とり、できるだけ穏やかな環境で、心を静めます。
心を静めようとしている間、いろいろな想念が生じると思います。
 *想念:心の中に浮かぶ思い、考え

想念が生じたとき、どこから想念が生じるのか注意深く探ります。
注意深く探れたとき、想念が一時的に消えます。
ですが、いったん消えた想念、なぜかまた生じます。

想念が生じにくくなるまで、何度も何度もこの作業を行います。
想念が生じにくくなったら、ゆっくりと、穏やかに、「私は誰か?」と思います。

「わ」が生じる先に意識を集中し、どこから「わ」が生じるのかを探ります。
最初、「わ」は、頭の中で生じるかもしれません。
ですが、何度も探っていると、少しずつ、生じるところが変わっていきます。

ハートにたどり着けるまで、けっこう時間がかかると思います。
毎日コツコツ、根気よく続けることが大事です。
「わ」になる前の、「わ」が生じる先を探れるようになると、ハート(右胸)にたどり着けると思います。

たどり着いた当初、静寂に包み込まれます。
が、しばらくすると、また想念が生じます。

で、「私は誰か?」(または、「わ た し」)と思い、「わ」が生じる先を探ります。
何度も繰り返していると、静寂が続くようになってきます。

静寂(manolaya:心が、ハートの中でとけること)、とても居心地が良いため、そのまま居続けようとしてしまいますが、その静寂(何もない、空、無)に魅了されず、とらわれず、そこにとどまらないよう、さらに「わ」が生じる先(「私」が生じる源)を探ります。
 *ここで、光を見たり、何かを感じたりするかもしれませんが、それらはすべて錯覚です

探り続けて見つけた源が、本当に源なのかどうか見極める方法がありません。
とにかく、探れなくなるまで探り続け、「あぁ、これ以上探れないなぁ」と思ったところが、当面の源です。
源にたどり着いたら、探り続ける努力をやめ、そこにとどまり続けるようにします。

とどまり続けるためには、

1.執着をできるだけ手放す(つなぎ止めているものをもやいから解き放す)
この段階では、かなり「執着」がなくなっているはずですが、「根深い執着(vasanasamskara)」は、まだ残っています。
 *vasana:現世の心の習慣。潜在的な傾向、または、印象
        もっとも微細な形でハートの中に囲い込まれている
   samskara:生まれながらの傾向。過去から続いている心の印象(傾向と気質)
なので、「一時的」にすべての執着を手放すのです。
「ずっと」手放すことはかなり難しいのですが、「一時的」であれば思ったより簡単にできると思います。

2.本当に信じる
「真我が『ある』こと」を、そして「マハルシの教え」を。

3.途切れなく一点(源)に集中し続ける

4.記憶にとらわれない
「吸気」は、記憶を呼び起こします。
突然生じる記憶(過去)にとらわれると、「私」がハートから飛び出してしまいます。
記憶にとらわれないよう十分注意します。

5.息にとらわれない
息を吸うときに集中が途切れやすいです。
 *息(特に呼気)が、源を覆い隠している?

源が感じられるようになったら、源に意識を集中するのではなく、思考を働かせず、源を感じ続けるようにします。
寝る前、目覚めるとき、仕事中、とにかく、いつも感じ続けられるようにします。
 *目覚めと夢見の合間に真の「私」がある
   不滅の意識 196ページ
    人が目覚めたとき、実際に外部の世界に十分気付くようになる前に、その合間、時間、空間のないことが
    真の「私」の状態

感じているときに、思ったり・考えたりすると、源が感じられなくなります。
源は、記憶・息・想念などによって覆われているようです。
源に没入したとき、思ったり・考えたりすることをやめたとき、「知性」、「理性」はなくなり、「感じること」のみになります。
感じ続ける密度を上げ、絶え間なく、隙間なく、感じ続ける。

「感じるだけ」になれたとき、遮るもの(記憶、息、想念など)はなくなります。

そして、源にすべてを明け渡すことができるよう努力し続けます。
「明け渡し(帰依:bhakti:devotion)」は、とても難しいです。。。
なので、執着を手放すときと同様に一時的に明け渡します。
一時的な明け渡しを何度も繰り返し、明け渡している状態が長く続くよう努力し続けます。

この状態は、おそらく、laya(心と息が、ハートの中でとけること)だと思います。
ここでも、光を見たり、何かを感じたり、身体を感じなくなるかもしれませんが、それらはすべて錯覚です。
とけ込まなければならないのは、ハートではなく、ハートの中の源。
 *感じられるようになったころは、源は、ハートの中の一点です
源から、「私」という思考が最初に生じ、心となり、粗雑な身体が現れ、世界が現れる。
 *「私」という思考:最初に生じる思考(心)
源を探り、とどまり(感じ)続けられるようになると、心がハートにとけ込む。
努力し続けることで、心と息がハートにとけ込む。

どれだけ努力をしてもvasanasamskara)が残っているため、源にとけ込むことはできません。
ただ、努力し続ければ、vasanaを弱らせることができます。
 *samskaraは、無理っぽい。。。
真我が、弱ったvasanasamskara)を消滅させ、「私」をとけ込ませてくれるまで、ただひたすら努力し続ける。

源で溺れそうになったとき、あがかず、息をしようとせず、そのまま溺れる。
溺れる直前に感じる、未練(執着)・恐怖にとらわれることなく、息を源に明け渡す。

すべてを源に委ねきれたとき、源に没入し続けられたとき、真我が、「私」との境を取り払い、真我が、「私」にとけ込んでくる。

「真我探求は、源へのバクティである」

今の私は、ここまでです。

ここから先は、「あるがまま」などの日本語文献に記載されていましたので、私なりに理解した内容を記します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人としての感覚が一時的に作用を止めたこの感覚は、初めのうちは断続的であるかもしれないが、実践を繰り返すことによって、それは、容易に達せられ、維持できるようになる。
「真我の探求」がこの段階に達すると、努力を続けていた「私」は一時的に存在をやめ、個人的な努力は、もはや不可能となり、努力なしに真我があらわになりだす。
「私」という思考は、真我にとけ込んでいるのではなく、真我に没入しているだけなので、周期的に主張してくる。
これはまだ、「真我の実現」ではないが、この状態を繰り返し「体験」することにより、「私」という思考を起こす原因である「vasana」が徐々に弱まってくる。
そして、「vasana」の影響力が十分弱まったとき、真我が、残存している、「vasanasamskara」を完全に破壊する。
「私」という思考は、真我にとけてなくなり、二度と再び立ち現れることはなくなる。

これが、最終的な、覆すことのできない「真我の実現」である。

 *Talks
 *Talks(独り言)
 *真我探求に導く瞑想(V.ガネーシャン)


181224_手描きのシュリー・チャクラ(144)

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体



Archive Calendar

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



Categories

全記事一覧
Talks 46
Talks(独り言) 38
探求 129
日記 55
記録 4
その他 0



検索フォーム



プロフィール

ookuwa

Author:ookuwa
私は、英語がとても苦手なのですが、ラマナ・マハルシの教えをより深く理解するため、「Talks」の翻訳(直訳)をしています。
 * Talks直訳について
もし、転記などをされた方は、転記元(当ブログ)を明記してください(転記などをされた後、その方などが著作権を主張されますと困りますので)。
なお、「Talks」翻訳時に、日本ラマナ協会の故柳田前会長が開催した「神戸ラマナ講座」で配布された資料、柳田前会長が翻訳された本、福間巌さんが翻訳された本、shibaさんの「アルナーチャラの聖者」を参照しています。また、mixiで知り合った方からいろいろなアドバイスをいただきました。(感謝!)
*1994年日本ラマナ協会入会、2008年退会、愛知県

【Talksなどの修正・追記履歴】
2019.07.13 真我の探求方法
2019.05.25 マハルシの年表
2019.01.09 マハルシの文献
2016.03.13 Talksなどのまとめ



最新コメント



リンク



最新トラックバック



FC2カウンター